すこやかネット

すこやかネット一覧ページへ戻る

肩関節を動かすことで感じる激しい痛み 五十肩(肩関節周囲炎)

40代から50代の人に現われやすい病気が五十肩(肩関節周囲炎)です。五十肩は筋肉ではなく、関節に問題が生じたことによる病気で、通常の肩こりとは異なり、肩の関節を動かすことで激しい痛みが生じ、例えばシャツを着たり脱いだりする動作がつらくなります。昔からいわれていることですが、頭の後ろで髪を結う動作、腰の後ろで帯を結ぶ動作が難しくなるのが特徴です。その痛みは、肩から腕にかけて感じることが多く、腕を上げようとする時に痛みます。今回はこの五十肩を取り上げ、その原因や予防法などを探ってみました。

肩が痛み、腕を動かせない

中高年になると、特に原因がないのに肩に不快感や痛みを覚えることがあります。肩が痛くて腕が上がらなくなったり、手が後ろに回らなくなったりしたら、五十肩が疑われます。
ある日、突然、肩関節に激しい痛み、あるいはしびれが起きることによって発症します。五十肩になると、物を持ち上げようとした時やゴルフのスイングをした瞬間などに、突然激痛に襲われ、それ以降、肩を動かすたびにひどい痛みに悩まされる場合が多く見受けられるようです。
五十肩と呼ばれるのは、40歳以上の人に起こりやすく、特に50代の人に多く見られるからです。利き腕にも関係なく、左右どちらの肩にも起こります。片方が治った後に、もう片方が痛くなることもありますが、両方の肩が同時に痛くなることはまずありません。
五十肩の起こり始めには、夜、寝返りをうつ時にギクッと痛んで目覚めることもあります。痛みの強い時は、炎症が起きている時期で、その後、炎症が治まるにつれて痛みは軽くなります。腱とその周囲が炎症のなごりで癒着を起こし、滑りが悪くなるので、関節の動きが悪くなります。徐々に癒着が軽くなり、動きが正常な状態に戻るまでには、半年から1年もの時間がかかるのが普通とされています。

こんな時は要注意

肩や腕が上がらず後方に腕を回す動作が制限されるため、日常生活の中で下記のような差し障りが生じます。

  • 背中のファスナーや
    ボタンに手が届かない
  • ネクタイをうまく
    締められない
  • かゆい背中が
    うまくかけない
  • 頭髪をブラッシング
    できない

五十肩の自覚症状

  1. (1)初期の痛み:肩の違和感がとれない。少し痛む。肩こり。その他
  2. (2)進行期の痛み:夜ズキズキ歯痛のように痛み、眠れない。夜間痛と呼ばれるもの。
  3. (3)拘縮期:痛みとともに、肩が動かなくなってきます。(エプロンがつけられない、下着がとめられない、など)
  4. (4)拘縮期末期:痛みはかなり治ってきたけれど、硬くて動かない。
  5. (5)回復期

老化の進行 五十肩発症 発症の中心は40代、50代 急性期(5~6日) 激痛 腫れ 熱感 慢性期(半年~1年) 患部周辺の組織が癒着し肩や腕が動きにくくなって無理ができない。

こんな人は病院へ

  • 肩の痛みが
    1週間以上続いている
  • 腕が肩より上に
    上がらなくなった
  • 手や腕にしびれがある

五十肩以外の病気かもしれません・・・五十肩の症状とよく似た病気

腱板損傷

何らかの原因で腱板が破損した状態。原因としては転倒や打撲、スポーツ外傷などにより発生する場合と、加齢的変化(老化現象)に肩の使い過ぎが加わり、発生する場合とがあります。

肩峰下滑液包炎

肩峰下滑液包が炎症を起こす病気。五十肩の前段階とも考えられますが、原則として腕がひと通りに動くので、運動制限がある五十肩とは区別されます。

情報提供:(株)家庭薬新聞社

Copyright(C) HOME MEDICINE NEWS PAPER. All Rights Reserved.

すこやかネット一覧ページへ戻る

このページのトップへ